ローンの賢い借り方で得するなら

MENU

ローンの賢い借り方

ローンをこれから借りるという場合に賢い借り方について紹介したいと思います。まずはローンは何に使うのか、そのことについてまずチェックしてみましょう。何のためにローンを組んでいくのか、それは住宅購入のためのローンなのか、それとも教育資金を準備するためのローンなのか、自分がなぜローンを組むのかまずはその目的をはっきりさせましょう。
賢いローンの借り方としては、次にどこでローンを借りるのかも賢いローンの借り方に影響を与えます。公的金融機関もあれば銀行もありますしクレジットカード会社に消費者金融などもありますから、実にいろいろなローンを組む場所があります。審査の基準などもそれぞれ違っていますから、審査の基準が厳しいところは金利が低いことや、高いところは借りやすいなどの条件なども考えたうえでローンをどこで借りるのか考えましょう。
ローンの賢い借り方としては、金利が低いローンを選ぶとうことは一番です。そのためには色々と比較する必要があります。
人によっては融資できる限度額で比較したいという人もいれば、即日に融資してもらえるところを選びたいと思っている人もいると思いますが、やはり金利が低いという条件が一番ですから、金利が低いところでローンを組めるように比較する手間を惜しんではいけません。金利のタイプについても固定と変動があるので、この二つのメリットデメリットをよく理解して、かしこくローンを組むようにすることが大切です。

ローンの比較

ローンを比較するということはとても大切なことです。なぜなら今日本にはいろいろなローンがあり、貸し付けている金融機関も色々とありますし、金融機関の中でもローンの種類というのはかなり細かく商品が分かれているのが特徴です。同じ金融機関の中でもローンの金利なども違っていますし、借り入れられる限度額についても違いがあります。ですから、ローンをこれから組むという場合には、ローンの比較をすることが必要なのです。ローンの比較をするということで自分にとって、一番メリットの高いローンを組むことが出来ると思います。ローン比較をする場合には少し手間も時間もかかってしまって億劫になりがちではありますが、そんなに大変なことではありません。
最近はそれぞれのローンごとに比較できるサイトなどもありますので、例えば住宅ローンの比較サイト、自動車ローンの比較サイト、カードローンの比較サイトというように色々な種類がありますから、それを見てローンを比較してみてはいかがでしょうか。
ローンの比較をする際のポイントといては、審査の厳しさで比較、金利で比較する、限度額で比較するなど色々と比較できるポイントがありますから、自分はどんな条件でローンを組みたいと思っているのかローンを組む際には比較をしてみることがいいでしょう。
自分にとって一番最適なローンを組んで、金利の面や総支払額を少しでも抑えることが大切です。ローン比較やシュミレーションは必ず行いましょう。

ローンの条件

ローンをこれから組むという場合には、借入の条件が色々とあります。これはローンを組むことが出来る金融機関によっても違っているのですが、ローンの種類によっても条件は違っています。これからローンを組むという場合には自分がローンを借りたいと思っているものが条件をクリアしているかどうか確認する必要があります。
色々な条件がありますが、共通して言えることとしては、借入するときの年齢条件があります。20歳以上で65歳未満と決まっていることが多いです。完済するときの年齢についても場合によっては条件が決められていることもあります。
そして一番大きな条件としては、年収があります。年収は前の年の年収が条件になることが多いです。そして返済負担率についても条件に入ります。返済負担率というのは、借り入れたローンの総額の返済額が、どれくらい年収の割合を占めているのかということです。他にも居住所なども条件になるケースもあります。
これらの条件はローンを組む金融機関によっても違っているのですが、条件を自分でチェックしてみてすべてクリアしていたとしても、審査に通らないケースもあります。他社で断られても他では審査が通ることもありますから色々です。条件のいいところや審査の通りやすいローンなどをあらかじめ調べたうえで申し込むとスムーズに借り入れが出来ると思いますから、他からローンを借りている人は、ローンを新たに組むことが難しいこともありますので注意しましょう。